竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
神宝類を分析する (1)SEM-EDS

竹内文書は、狭義には、皇祖皇太神宮の神主を務める竹内家に伝わる古文書(その写しを含む)を指しますが、広義には皇祖皇太神宮に保管されている神宝類を含むことがあります。
その神宝類が造られた年代や成分がはっきりすれば、狭義の竹内文書(=竹内家の古文書)の成立年代とされている5世紀は、より正当に近づくと考えられます。

私見ですが、古文書としての竹内文書の原本は、開かずの壷に収められていると考えております。
戦争中に消失した古文書は、漢字かな混じり(和漢混交文)の訳本を、代々竹内家の人々が写本したものでした。写本の炭素14分析の結果をもってしても、明治にしか遡れません。

そこで、私が重要視しているのは、神宝類の分析です。本記事では、その成分の分析法について検討します。目的は年代の測定と主成分の定量です。
本記事からは、主成分を定量できる分析法を取り上げます。そこで候補に挙がったのは、以下の分析法です。

表 元素分析法の一覧(参考文献1,2)

分析法破壊/非破壊特徴
質量分析破壊試料をイオン化して噴射し、電場または磁場で時間差をつけて元素を同定する。
ICP-MS(ICP=inductive coupled plasma(誘導結合プラズマ), MS=mass spectra(質量スペクトル))、SIMS(二次イオン質量分析)などがある。
蛍光X線分析法非破壊X線を当てると、原子中の内殻電子が弾き飛ばされる。その空所に外側の電子が入り込むとき、元素によって決まる特性X線を放射する。この現象から、元素を同定し、定量する。
SEM-EDS非破壊蛍光X線分析法の一種。
電子銃を試料に当てる。微小の領域を観察する(SEMの機能)と同時に、エネルギー分散型分光器で特性X線より元素を同定する(EDSの機能)。
X線回折法非破壊固体試料にX線を透過させ、原子で曲がった透過X線の強さの分布より、結晶構造を解析する。
固体X線回折法、粉末X線回折法などがある。

これらのうち、神宝類の保存を考えると、非破壊分析が適当であると考えられます。

そこで本記事では、非破壊分析の一種、SEM-EDS(SEM=scanning electron microscope, EDS=energy dispersive (X-ray) spectrometer. エネルギー分散分光器付き走査電子顕微鏡。EDSはEDXとも略される)について取り上げます。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、SEM-EDSを詳しく説明し、その用途を考えていきます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

つづきを表示
スポンサーサイト
page top
DATE: 2008/05/05(月)   CATEGORY: 2.1.2.5 食と健康
小食は自らを健康にし、世界を救う
「朝は味噌汁一杯、昼はご飯一碗と野菜一皿」(正氣久嗣、『正しい霊とよこしまな霊』、徳間書店(2005))。「長洲の生き神様」こと松下松蔵翁(1873-1947)の食生活は、現代人からすると、少なすぎるように見えます。

しかも、長嶋茂雄氏の健康法として、「朝はしっかり食べる」という食生活が、健康ブームに乗ってもてはやされている今思うと、ますます少なく見えます。

しかし、科学的には、小食や、松下翁が摂っていた栄養の効果が見直されています。

小食の提唱者と言えば、甲田光雄医師です。栄養の吸収と排泄のリズムを研究した結果、1日1食を提唱しています。ただし、1日1食では松下翁と食生活が異なることもあり、本書で1日1食の効果は取り上げません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、甲田医師以外の人による、別の見方を紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
平和=自由×愛×愛
最近気になっている、金星から地球に来たというオムネク・オネク師(Omnec Onec)をGoogleで探していたら、こんな式が登場しました。

P=fl2
http://www.humansearth.com/(ウィンドウを新たに開きます)



上のリンク先の一番下に書いてあります。
Pは平和、fは自由、l(=Lの小文字)は愛です。
この式は、平和は、人の自由度に比例し、人の愛情の強さの2乗に比例することを意味します。

なお、同リンク先では近似式もあり、

Freedom + Love = Peace


とも表しています。この式は1次式で、人の自由度と愛情の強さの和で平和になることを意味します。

この式の特徴は、以下の通りです。
  1. すべて示強変数である
    示強変数とは、温度や圧力、電圧など、場の強さを表す尺度を言います。
    対義語は「示量変数」です。長さ、面積、体積、個数、時間など、目と手、時計などで測れる(量れる)尺度です。
    物理学の方程式は、示強変数と示量変数の積で表されます。

    例:理想気体の状態方程式
    PV=nRT
    P:圧力、T:温度→示強変数
    V:体積、n:分子の数→示量変数
    R:気体定数(P,V,n,Tの単位によって決まる)



    平和、自由度、愛情は、人間社会の質を表すため、全て示強変数です。
  2. 基準が不明
    どの状態をもって1とするかの基準が分かりません。よって、この式は数値化できません。


要は、自由な社会のもと、お互いに愛情をたっぷり注ぐ人間関係を築ければ、平和はより確かなものになると主張しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、人間社会での自由を広げ、人間同士の愛情でつながり合い、恒久平和を実現したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
ジュセリーノ氏日本版公式サイトにリンクしました
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏の日本版公式サイトにリンクしました。
本書では、私による勝手な解釈があるかも知れず、そちらの方が情報が正確であろうと思います。
また、日本版からブラジル版にリンクされています。そこでは、ポルトガル語ほか、欧米諸言語でもご覧になれます。

同時に、たま出版にもリンクしています。
今年出版された『続・未来からの警告~ジュセリーノ予言集II』(サンドラ・マイア氏との共著)には、私が昨年10月に発生していなかったと思っていた、昨年11月の大阪の地震についても載っています。
その地震について、事実も含めて正確な情報を得ていなかったことは恥ずかしいことですが、ぬか喜びは怖いものだと気づかされた1冊です。

いずれも、リンク集がありますので、興味のある方はご覧いただければ幸いです。

ジュセリーノ氏のサイトを読むにあたって重要なのは、人類同士の愛と、環境問題への関心です。
幸い、日本には竹内文書ほか、古史古伝があり、それらが参考になります。いずれも、国にとらわれない人類の調和が描かれています。
聖書や安藤昌益もそれらに沿った思想なので、対比させて読むとよいでしょう(ただし、聖書を読むにあたっては、バビロニア・タルムードにとらわれないようにお願いします)。

実は、日本にも、ジュセリーノ予言よりは抽象的ながら、思想が近い予言があります。それは日月神示(ひふみ神示)です。日時は特定されていないものの、世界は両者に近い筋書きで破滅の道を進んでいます。
日月神示(ひふみ神示)については別記します。

ジュセリーノ氏も、地球の未来に関連して日本人に注目しています。
まずは私たち日本人が行動することに期待して、本記事を閉じることにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、環境問題の解決に関心があり、世界中の人々を救いたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
霊魂と精神は天(陽)、肉体は地(陰)

物質偏重からの脱却が叫ばれていながら、今年(2008年)になってもまだ抜け出せないでいる現実を見て、私は無力感を味わっていたところでした。
しかし、私は負けてはいません。私は一人ではないことからです。そのことは、先日の記事で明らかにしました。
→「竹内文書が2ヶ国語で出版

宇宙は、天と地、陰と陽を併せ持つ存在です。
また、人間は、首題の通り、霊魂・精神と肉体を併せ持つ存在です。
天体も魂を持っていて、その天体を構成する物質はもちろん大地と言えます。
その目的は、肉体を持つことによって、精神を鍛え、霊魂を高めることです。

地球も、私たち地球人も、初段(ミシェル・デマルケ著『超巨大[宇宙文明]の真相』で言うカテゴリー1)です。
地球が2012~2014年に二段に昇段(アセンション)すると見られるため、私たちも昇段できるよう、精神を高めていきたいところです。それが、今、この時代に生きている意義です。
なお、今積み重ねた徳によっては、二段にも三段にも昇段する可能性があります。

また、死ぬとしても、天たる魂(アストラル体、アストロサイキック体など)は滅びることはありません。
昇段した場合は、二段なり、三段なりの別次元のカルマを背負うこととなりますが、初段より前向きに考えられるようになり、過ごしやすくなると考えられます。
一方、昇段できなければ、初段の惑星に生まれ変わり、今世に残したカルマを解消することを課題として人生を歩むこととなります。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、前半での主張を具体例で掘り下げ、人の取るべき行動の基本を提唱します。

ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。