竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
竹内文書が2ヶ国語で出版
突然ですが、先日、高坂和導氏の奥様から、拍手コメントを頂きました。
その中に、以下の2つの情報がありました。
  1. メキシコでスペイン語版が出版された
  2. 徳間書店5次元文庫から、絶版になっていたアメリカ版が出版された
特に後者は、高坂氏自身が生前に著書で紹介していました。それが日本で復活したのです。
この情報を頂戴したとき、竹内文書の世界への広がりをじっくりと味わいました。
それでも、私にとっては、竹内文書がどのくらい世界に広まっているか、不安でなりません。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、竹内文書の世界への広がりの必要性と、訳本があってほしい言語を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
スパムはなぜ今でもはびこるのか
本書で利用させていただいているFC2もそうですが、スパムに対抗する手段は増えてきています。
そのパターンは、以下のとおりです。
  1. 特定のIPアドレスを拒否
    特定の固定IPアドレスから送られたスパムをはじきます。
    この方式の弱点は、固定IPアドレスでない場合から送信された場合です。

  2. 特定のホスト名で拒否
    当方が得意なスパム対抗手段です。スパムの送信元と考えられるサイトや、当方の独断と偏見で選んだサイトを指定しています。

  3. 特定の言葉で拒否
    これも、当方が得意なスパム対抗手段です。当方では、コメントスパムやトラックバックスパムで考えられる名詞は、今まで送信されていなかったものでも登録しています。
    この方式の弱点は、用言(日本語では動詞、形容詞、形容動詞)です。英語では、動詞や形容詞、副詞の不規則変化に弱いです。

  4. 正規表現で拒否
    この方式は、英単語の規則変化に強いと考えられます。例えば、bigとbiggerを同時に指定できるようになります。

  5. 英文を拒否
    英文のスパムコメントは、過去に薬物販売に関するものがありました。
    この方式の弱点は、英語の正常のコメントまで弾いてしまうことです。

  6. 認証しない

  7. メールで指定されたURLに接続して削除する


本書にも、スパムコメントが送られてきます。
本書でのコメント窓口は、1箇所に絞っています。幸い、スパムコメントを見ることは無いか、あってもコメント窓口の記事でしか読めないと存じます。
しかも、できるだけ早く削除しているため、本書でスパムコメントが見えている時間は限られています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、この期に及んでスパムが存在する理由を探ります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。