竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
陰の極みは陽に転ずる
陰の極みは陽に転ずる
この言葉は、今の世界によく当てはまります。

否定されていた天皇中心の歴史、環境に優しい正しい文明が見直され、普及するときがやって来たのです。
同時に、生前は重要な役割を演じながら死後に忘れ去られた人の墓が発掘され、否定のうちに埋もれていた歴史がよみがえります。
また、この世の悪も、その手口が次々と暴かれていきます。

具体的に言うと、竹内文書の記述や神宝を見つめなおすと、忘れ去られた墓が発掘され、埋もれていた歴史がよみがえるのです。
その例として、正氣久嗣氏や故・竹田日恵氏が著書で紹介している現象を、本記事の後半でも列挙します。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、正氣氏や竹田氏の例のほか、将来解明を期待していることを述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
京阪式アクセント=朝鮮半島系帰化人訛り説
竹内文書がいまだに偽書とされている今、日本の有史時代は、飛鳥時代から始まるとされています(日本書紀の前半さえも伝説とされています)。
その時代、朝鮮半島出身の帰化人が日本の政治に深くかかわり、その影響が天皇家に及び始めました。それが、宝亀元(770)年、老齢だった光仁天皇の即位となって結実しました。

一方、日本語の方言は、京阪式アクセントと東京式アクセントと無アクセントの3つに大別されます。
日本語を話す外国人は、最初は京阪式アクセントになりがちです。

ここで、私・秦順途の直感を申し上げます。
  1. 本来、日本語は東京式アクセントが一般的だったこと、
  2. 帰化人が政治の実権を握るとともに、畿内近畿地方を中心に広がった一般の帰化人に庶民が影響を受け、京阪式に変化した
-と考えます。

もっとも、この直感は完全な私見で、学術的裏づけは全くありません。
あくまで京阪式アクセントの広がりを、かつての帰化人の活躍ぶりに照らし合わせたものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後、この私見に動きがありましたら、随時掲載します。
下のリンク先では、それまで待っていられる方を歓迎しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
page top
竹内文書、現代社会とドラゴンクエストシリーズの類似
私は以前から、ドラゴンクエスト(以下DQ)シリーズから重要なメッセージを読み取っていました。
さらに、竹内文書関連の著書を読むにつれ、DQシリーズに竹内文書の思想が組み込まれていることにが次々に理解できるようになりました。
2007年9月現在、堀井雄二氏と竹内文書との関係を私は知りませんが、堀井氏が、竹内文書かそれと内容を同じくする情報を知っているとも考えたくなります。

もっとも、テレビゲームは現実と異なり、リセットが利き、途中経過を記録しないことで自分に都合の良い記録を達成できる点で、ずるさを許しています。その点では、精神的な発達に役立ちません。
それにしても、なぜDQに竹内文書との類似点をこの場で発言するのか。ゲームの展開と仕組みが、社会現象ともなっている大人気と無縁ではないような気がするからです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半は、各作品について詳しく解説しますので、長くなりますがご了承ください。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
人は決まりがあってこそ自由である
本日、某教育番組で、「多様とバラバラは違う」ことが説明されていました。
そのとき、私が思いついたことは、2点あります。
  1. 「多様」は「いろいろ」と言い換えできる

  2. 「いろいろ」であっても良いから、天皇を中心にする社会が理想だ


特に後者は、当ブログの主眼です。
竹内文書に描かれる天皇中心の社会は、本当は自由です。各人は自分のできることを自分の権限の中で行うことができたのです。

私が竹内文書から読み取った太古の決まりは、以下のとおりです。
  1. 天皇は宇宙の中心と認めること

  2. 皇后は宇宙の保護者と認めること

  3. 身分の低い人でも、目上の人に仕えることで天皇に使えることと同じとみなすこと

  4. 植物食を行うこと(動物食禁止)

  5. その上で、他者に強制せず、互いに自由であること

つまり、決まりがあってこそ自由なのです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、「天皇中心」と多様の両立を少し掘り下げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
page top
水と電子で解く「水が持つ記憶」
水は、現代科学においても奥の深い謎の物質です。
水は、大学の教科書には載っていない性質も含めて、以下の性質を持っています。

物理的性質
  1. 融点0℃、沸点100℃

  2. 液体では4℃で体積が最小になる

  3. ごく薄い青色

  4. 水素-酸素結合の角度は104.5度
    →水素があるほうが正(+)、水素がないほうが負(-)に分極している

  5. 水素結合を形成する

  6. 圧力を高めると、いろいろな氷ができる

  7. 赤外スペクトルで、バンドが広い

  8. 水素により放射線を吸収する

  9. 液体に10分の1の体積の空気を混ぜると、高エネルギーを得られる


化学的性質
  1. 水素結合により、イオンや極性分子と結合する(水和)
    →食塩などのイオン、砂糖(厳密には、その成分であるしょ糖)やアルコール、アセトンなどの極性分子は水に溶ける。

  2. 酸、塩基(アルカリ)と作用して水素イオン(H+)や水酸化物イオン(OH-)を生じる

  3. 上記と関連して、水酸化物より強い塩基である有機金属化合物と作用して、有機化合物を生じる

  4. 水性ガスシフト反応
    CH4+H2O→CO+3H2

  5. 酸素で飽和してる水は酸化剤になる

  6. 超臨界状態では化合物を分解する
    生成物は、二酸化炭素(CO2)、水、塩化水素(HCl)など


霊的性質
  1. 結晶の形として、人の感情、文字や音楽の意味を映す


ここで、「霊的性質」と分けて表示しましたが、いずれ「精神的性質」ないし「生物的性質」となることでしょう。
そのヒントは、アストラル体の構成成分、電子です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、水の物理的(電気的)性質から、文字、言葉、音楽による結晶の形への影響を探ります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
page top
人間と動物の違い(2) 生物体の構造の違い
人間と動物の違いは、感謝の表現(→「人間と動物の違い(1)」)のほかにもあります。
人間はアストラル体を持つ。動物にはない。
「アストラル体の正体」(当方ブログ)

さらに詳しく言うと、人間には以下の9体からなる多重構造となっています。
  • アストラル体

  • アストロサイキック体

  • 典型精神体

  • 流動体

  • 生理体

  • 肉体

  • その他3体

動物には、以下の3体しかありません。
  • 流動体

  • 生理体

  • 肉体

その証拠は、生殖行為に見られるといいます。

アストラル体は、上記のリンク先に書いたとおり、4×1023(言い換えれば3分の2モル)の電子で構成されています。
そして、前世の記憶を備えており、現世で肉体を通して精神的体験を取りまとめています。

人間は同じ過ちを起こさない(可能性が高い)のに対して、動物には同じ過ちを犯します。その代表例は、昆虫です。

ハエがハエ取り棒に貼り付くことは、ネズミ並みの学習能力さえあれば避けることができます。しかし、休憩する(具体的には、羽を休める)ために足を着ける必要があり、運悪く粘着剤に引っかかってしまうことが非常に多いのです。

また、ゴキブリなどのいわゆる「害虫」や、ネズミなどのいわゆる「害獣」を駆除するのに、毒エサを撒く方法があります。
これは、毒エサへの警戒に対して、食欲の貪欲さが強いことを利用していると考えられます。

一方、人間は、生理的欲求、特に食欲や性欲を抑えることができ、欲求のバランスをとることができます。
だからこそ、例えば、毒性の知識から命の危険を察知し、毒が盛られた食事に手を伸ばす可能性は低くなります。
その分、精神的な欲求を満たす余裕があります。精神的に充足すれば、アストラル体は進化し、より進化した星に生まれ変わることができます。
そう、人間は、生命を脅かされない平和なときにこそ、その本領を発揮するのです。

そう考えると、おのずと恒久平和が必要であることも理解できると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下のリンク先では、
  • 精神的に進歩したい方

  • 平和を追い求める方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
page top
人間と動物の違い(1) 感謝の表現と報恩
人間と動物の根本的な違いを、私ははっきりと答えることができます。

人間は感謝し、それを表現することができる。
動物は、種によっては他社に甘えることはできなくもないが、感謝を表現できない。


それに気付くきっかけは、猫の観察でした。
そして、正氣久嗣氏の著書『正しい霊とよこしまな霊』(徳間書店(2005))に、

人間は本能的に「恩になったら恩に報いる」という人類始祖の定めた鉄則に従うものである


とあるのを見て、私の人と猫を見る目がすべての動物に応用できるようになりました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
人間が動物のまねをすべきではありませn。そのことを、後半で述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
page top
DATE: 2007/09/01(土)   CATEGORY: 3.5 平和と救済
複十字シール運動
複十字シール運動をご存知でしょうか。
大きい郵便局に募金箱が設置され、小冊子が置いてあるため、ご存知の方もいらっしゃると思います。

そこで、本書からもリンクを貼り、運動の普及を助けていければと思います。

複十字シール運動のウェブサイトは、こちらです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先をクリックして私に賛同するのも良いのですが、上のリンク先より、地球から結核を無くす運動に取り組むのに賛同することをお薦めします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。