竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Wikipediaにある竹内文書偽書説(序文編)
まず、Wikipediaの記事をご覧に入れます。
私はこれを読んですぐに、竹内文書の偽書説に基づく記述だと解りました。また、この文章から、竹内文書偽書説の現状を読み取れます。

なお、Wikipediaの記事は編集の余地があるため、今後失われる可能性があります。本記事では、現在のWikipediaの記事を、ログを保存する意味を含めて、数回に分けて紹介しようと思います。
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。