竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
取り締まりが要請された韓国の硝酸ボトル流出
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

もはや本記事で取りあげるには即時性を失ってしまいましたが、本書でハングルで書かれたポリ容器が日本に漂着した問題を取りあげた(参考文献1)ので、その続報を掲載します。

(以下、参考文献2より引用開始)
 日本海沿岸にハングル表記のある大量のポリ容器が漂着している問題に絡み、韓国水産物輸出入組合は16日、韓国海洋水産省などに対し、有害薬品使用の取り締まりを徹底するよう要請したことを明らかにした。(中略)
 容器について、韓国のノリ養殖業者(中略)は風評が広がれば日本へのノリ輸出に影響が出る恐れがあると憂慮。(後略)


(以上、参考文献2より引用)


韓国とて、海苔の風評被害は避けたいということでしょう。

日本からの観光で日本でも売れるようになった韓国の味付け海苔は、私も食べたことがあります。ごま油と塩をまぶしたもので、醤油で味を付ける日本の味付け海苔とは製法が異なります。
しかし、硝酸や過酸化水素水で海苔を変色させるとは、危ない橋を渡っていると見受けられます。

かつて日本でも公害や食品添加物の毒性が問題になっただけに、韓国の海苔業界にも努力を望みます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、韓国にも汚染を広げて欲しくないと思う方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
ETC非搭載車割引の問題
携帯電話でご覧の方へお知らせ

[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

平成22年4月13日、前原誠司国土交通大臣は、記者会見の場で、新しい高速道路料金案を発表しました(参考文献1)。しかし、
徳島県出身の仙谷由人行政刷新担当大臣に、この案に反対される始末です。本州四国連絡橋で、別料金の3000円になる構想だからです。

私は、前原大臣会見での案には、仙谷氏とは別の意味で反対です。具体的には、以下の意見を有しています。
  1. 首都高速の料金制度に見直し

  2. ETC非搭載車への割引に反対

  3. 東京外かく環状道路の東京区間の建設に慎重

この意見は、前原氏が鳩山由紀夫首相を無視して単独行動をとっていること(参考文献2)とは切り離して考えています。大臣会見案に反対する理由は、後半で挙げる通りです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、高速道路割引新案に反対する理由を詳しく述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
ごみの分別にYES
人が長生きする条件の一つに、きれいな環境が挙げられます。生活環境を汚染したくなければ、少なくとも、燃やせないごみ(無機物)と燃やせるごみ(有機物)に分けることは続けていきたいものです。今後は、前者はマテリアルリサイクルを通じて元の製品へ、後者はガス化を通じてプラスチックへ再生させたいものです。
地球温暖化ではなく地球の窒息を食い止めるため、これ以上二酸化炭素の排出量を増やさないように努力していきたいものです。

元はと言えば、現代、私たちが使っているあらゆる物質は、地球のものです。地球の物質で地球を汚し、私たちを病気にする毒物を生み出さないためにも、ごみの分別は欠かせません。目先の節約を無視すれば、長期の安定につながるのですから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
アルミニウムは土壌汚染の原因になるため、ポイ捨てしたくないものです。そこで後半では、アルミニウムの楽なリサイクル法を考察します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
取り調べが始まったシーシェパードのテロ
オーストラリアのタスマニア州で、シーシェパードが取り調べを受け始めました。そして、本日、アディ・ギル号の船長が晴海埠頭に上陸し次第、海上保安庁がその船長を逮捕する予定です(参考文献1)。

クジラの仲間は脳が発達していると言われているだけに、クジラを仲間と見る向きもあります。確かに、クジラが泳いでいる側で海で泳ぐと、心理的に癒される現象が判明しています。イルカも同様です。
それを差し引いても、暴力は前向きな結果を生じないものです。この事件は、環境保護運動ではなく、暴力が断罪される道が示されるものです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、シー・シェパードの活動と日本の同和問題との共通点を挙げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
韓国語で「硝酸」を意味する瓶が漂着
NHKのニュースを見ていたとき、ハングル文字で「チルサン」と読める瓶が目にしました(NHKでの関連記事は既に削除されています。別のメディアによる関連記事:参考文献1,2,3)。
「チルサン」は漢字で「窒酸」と書き、韓国語で硝酸を意味します。
私からもお願いしますが、今後、そのような瓶が漂着した場合は、触らないようにしてください。

硝酸の危険性(抜粋)
  • 強酸性

  • 金属を溶かして水素、一酸化窒素または二酸化窒素を生じる
    ただし、濃硝酸がアルミニウムに作用する場合を除く(アルミニウムは濃硝酸と反応して不動態を形成し、内部を化学的に安定させる)。

  • 強い酸化性
    日本では、第6類危険物(酸化性液体)に指定されています。

  • 皮膚に触れると黄色く変色する(キサントプロテイン反応)


それにしても、硝酸の瓶を海に流すとは、恐ろしいものです。
ただ、罪を憎んで人を憎まず。つまり、硝酸の投げ捨てを憎むのであって、韓国人を憎まず、冷静に対処することが必要です。
何しろ、先述した硝酸の激しい化学的性質を考えると、捕鯨船に酪酸を投げつけたシーシェパードより苛烈なことを行ったことになります。
海流に乗って外国に流れ着くことを考えると、そのような行動を条約で規制することを考えなければなりません。

特に日本は、海流が集まることから、隣の国(ここでは、中国、台湾、北朝鮮、ロシアを含む)から海にゴミを捨てると日本に漂着する可能性が高いです(厳密にはシミュレーションが必要)。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、日本の陸上でも悩みが尽きないごみの置き去り・投げ捨てについて述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
石炭業界の生き残る道
二酸化炭素の削減という課題を突き付けられ、窮地に立たされているのが、石炭業界です。
火力発電では石油に主力の座を奪われ、鉄鋼業においても水素精錬の技術が発明され、その上、二酸化炭素の削減で槍玉に挙げられています。
万事休す、といった石炭業界ですが、果たして、生き残る妙案はあるのでしょうか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
石炭業界が生き残る妙案はあります。ヒントは、水性ガスシフト反応(参考文献1,2)です。そのことを後半で述べたいと思います。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
環境利権があっても、石油を浪費する理由は無い
石油利権の存在が発覚して久しく、それでもなお、石油に依存した生活が続いています。
また、地球温暖化の原因において、二酸化炭素説に懐疑的な説が続出しています。
  1. 2000年周期の気候変動
    自然の周期が2000年であることが解明されました。

  2. 政府の環境対策にまつわる利権
    これは経済の問題です。石油がだめなら、環境対策といったところでしょうか。しかし、金銭欲に駆られては、企業の利潤ための環境対策にしかならず、抜本的な二酸化炭素低減にはなりません。

二酸化炭素を減らしても大したことはなく、企業が環境対策政策の資金援助をあてにしているのが本当だとしましょう。それでも、石油を浪費する理由はありません。
石油はプラスチックの原料に優先的に回し、火力発電所を廃炉する。この道筋が、政界にも経済界にも見えていません。

なお、二酸化炭素の削減に関して、もっと苦しい立場にある石炭業界については、別記します。
本書「石炭業界の生き残る道」

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、平成22年1月現在で環境に優しいエネルギー源を取りあげます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
種類別に切り分けられた数値を使い倒そう(第2版:平成21年10月7日)
情報社会に生きる私たちは、あらゆる角度でその情報を分析する必要があります。テレビ、ラジオ、新聞、本、インターネットなどのいろいろなメディアを使いこなし、判断基準を作ります。

もっとも、あまりにも情報が入りすぎて、不必要に怒ったり悲しんだり、感情が沈んだりしますこともあります。この感情の動き(情報ストレス)に光を当てることも大切ではあります。
それでも、情報が人の生活に重要な役割を果たしていることは間違いありません。
では、私たちは適切な情報が手に入っているかと言うと、残念ながら保証できません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、環境問題に関する具体例を挙げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
化学物質の原料

化学物質による汚染や被害が問題になっています。 近代~現代の先進国の住民は、石油化学工業を通じて、さまざまな化学物質を作ってきました。これらの原料は、例外なくこの宇宙の、しかもほとんどが地球の物質です。しかし、人体や地球環境に悪影響を及ぼす結果を見て、地球の恩を仇で返す行動であると反省しなければなりません。また、人類の能力として、天然物から、可燃物(爆発物を含む)や酸化性物質や毒物を作ることができ、高濃度の放射性物質を地上に取り出すことができるという危険さも露呈しています。

人の力は、場合によっては諸刃の剣となります。さらに、地球由来の物質を、地球の環境を守るために用いるか、それとも自分たちの「欲望(よく)」と「偏見(みえ)」を満足する戦争のために用いるかは、人の心によります。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、物質に囲まれた私たちの心の持ちようを述べます。

FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
環境に優しい発電方式が普及した後に廃止したいもの
環境に優しい発電方式が普及したら、まず何を無くすべきだとお考えでしょうか。

私は、火力発電を選びます。
火力発電はエネルギー効率が悪いにもかかわらず、石油や石炭が無駄に燃やされ、二酸化炭素を吐き出すだけ吐き出し、地球温暖化を促進しています。
しかも、石油は、プラスチックや合成ゴムのような石油化学工業の原料に使うことができます。
ゴミ焼却炉とて、今や可燃ゴミもガス化できる時代にあって、それをただ燃やすのですから、もはや現代文明の負の遺産です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、火力発電が廃止された後の未来像を簡単に述べていきたいと思います。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
環境デザイン
いつまでも地球上で長生きしたければ、環境に配慮する必要に迫られます。もしかすると、過去の延長線上にある工場よりも、環境を守り、また改善するために一から造られた工場の方が環境に優しいとも思えます。
前者は、大量生産、大量消費を狙った「よく」(経営者の我欲)と、黒字を狙った「みえ」(潤沢な利益によるイメージアップ)が現れ、環境は二の次です。そのため、環境を破壊する副作用があります。結果、余命は良くて20年といったところです。
後者は、環境を守り、また改善することを重んじる一方、前者ほど「よく」や「みえ」にはとらわれず、地味に見えます。しかし、環境を守り、改善することで、従業員も健康で長生きし、特に終身雇用がある日本企業では長く働くことができます。

調達、研究開発、製造、物流、廃棄物処理の観点で、環境に優しい構造の工場を造ることは、知恵を絞れば、現存の技術でもできるはずです。
地球温暖化がよりあらわになってきた今、環境に配慮することは、人類が生き残るために必須になったと言えます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、竹内文書の時代に実現していた環境に配慮した技術を紹介するとともに、今から実現できる、環境に配慮した構造の工場を考えてみます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。