竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「如来」も方便
読者の皆さんは、「薬師如来」を「やくしにょらい」とお読みになることでしょう。私も、仏の一座であることは分かっています。

では、漢文のように「くすし(薬師。『くすりし』とも)きたる(来たる)がごとし(如し)」と読むと、どのような意味になるでしょうか。あたかも「医者が来てくれたようだ」と言うことになります。すると、「薬師如来」と言われた事象は、病気を治してくれたことを意味することになります。そう、薬師如来の「如来」も方便であることが分かります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、「医者が来てくれたようだ」の意味を考えていきます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
ロザリオが燭台の形になったドラゴンクエストシリーズ
ドラゴンクエストVIII以降、教会のシンボルが燭台の形になりました。装飾品「金のロザリオ」もほぼ燭台の形です。

ドラゴンクエストVII以前(リメイク版を除く)では、日本版は十字架、北米版Dragon Warriorは五芒星でした。
ドラゴンクエストシリーズは中世ヨーロッパをモデルとしています。十字架はキリスト教をモデルにした結果と見られます。しかし、キリスト教圏では、ゲーム中であっても、キリスト教以外での十字架の使用が許されなかったのでしょう。
そこで、燭台の形になったと考えることができます。燭台型のロザリオは、何と宇宙構造図に沿っています。
また、神父の口から「アーメン」と言われなくなりました。

偶然だと思われますが、キリスト教会で掲げられている、十字架に磔(はりつけ)にされたキリストのくびきからも脱却することとなりました。
教会の内部にはキリストが磔にされた十字架が掲げられていますが、キリストの刑死体を教会に晒すことは、バビロニアタルムードに冒されたユダヤと、ローマ帝国の呪いを信者にかけることを意味します。
ドラゴンクエストシリーズから十字架が消えたことで、ゲーム中ではバビロニア化ユダヤとローマ帝国の呪いから解き放たれました。

ただし、教会のBGMである賛美歌はキリスト教の影響が残っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、ドラゴンクエストシリーズの世界の中心、ロザリオが変化した要因を考えていきます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
「葷酒山門に入るを許さず」もまた方便
不許葷酒入山門(くんしゅさんもんにいるをゆるさず)

山門(寺院の門)で見たことがある方もいらっしゃると思います。その意味は、
なまぐさ物と酒は仏道修行に差しつかえるので、清浄な寺門内に持ち込むことを許さない。禅寺などの山門の戒壇石に刻んである。
『旺文社 漢和辞典[第五版]』旺文社(1993)

ここで、「葷」は臭いの強い野菜、または、なまぐさ料理(肉食)、「酒」は文字通り酒です。いずれも、仏門では口にしない飲食物です(前掲書)。

本記事では、この言葉もまた方便であることを述べます。
  1. 人間が進化するのが難しい。
    邪念がわき起こる(「魔が差す」とも言う)と、人格の完成が難しくなります。それは、食べ物の強い臭いで邪魔されることにたとえられます。

  2. 肉食禁止
    上記の通り、「葷」にはなまぐさ料理、肉食を指す用法もあります。竹内文書では、肉食を禁止する記事があります。現代になって、宿便の腐敗による健康への悪影響が科学的に語られるようになりました。
    なお、生臭坊主とは、「肉食する僧、戒律を守らない僧、不品行な僧」(参考文献2)を言います。

つまり、境内を聖地とし、それを山門で区切ることが、人間が精神的に進化するための困難な道のりの表象物なのです。よって、人間の進化の概念を知るために表象物に頼る必要が無ければ、出家する必要がないと言えます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、仏教に足りないことを求める方法を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
六根清浄(ろっこんしょうじょう)
昔、富士山に登るときに唱える言葉として、六根清浄という言葉がありました。
六根とは仏教用語で、人の迷いが生じる、次の6つの知覚です。六入(ろくにゅう)とも言います。




  • 身(=からだ)

  • 意(=心)

この言葉は富士登山に限らず、現代社会において重要な意味を持ってきます。
例えば、目や耳からはマスコミやネットによる情報、鼻や舌からはおいしい食べ物、が迷いの原因といったところでしょうか。めまぐるしく情報が出入りし、さぞかし不満や不安にさいなまれていることでしょう。
おいしいものを食べたいが、お金が無い、健康との兼ね合いがある。ニュースで災害や事件や事故が繰り返し報道され、「地球も日本も最近おかしくなった」と思った、といった具合です。

六根清浄は、上記の六根から生じるすべての迷いを断ち切って清らかになることを言います。
知覚を否定するわけではありません。心を清らかにすることに重みがあります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、私見ですが、竹内文書的発想による六根清浄を考えていきます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。