竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
川面凡児翁の日本に関する予言
川面凡児翁(1862-1929)。明治~大正の神道家であった彼は、日本に関する予言をしていました(参考文献1)。

そして、川面翁が述べた言葉の中に、竹内文書に通じる思想が込められていたので、紹介します。

人間の生活が平穏にして、呼吸する息も平穏にして、空間の気流気象と配合調和するときは、その気流気象も平穏となり、四季の気候も平穏となり、地球の運行も、天体の運行も平穏となり、天変地異も起こらなくなる。しかし人間の生活が乱れ、息が乱れ、人間の態度が乱れるがゆえに、天体も乱れ、地球も乱れ、地震も起これば、雷も鳴り、天変地異の起こることは必定である。人間が宗教に帰り、倫理道徳を重んじ、平和なる生活を営むということは、何よりもって救済の大道である。


この考え方は、「宗教」を「天皇」に言い換えれば竹内文書に通じます。元々、神道は皇祖皇太神宮の祭祀に通じるところがあるため、神道という宗教(体言)としてではなく、天地を祭る行為(あるいは、『天地を祭る』という用言)として捉えるとよいでしょう。あとは、正しく天皇、皇后を祭る方法が神道に取り入れられれば完璧です(例えば、皇后→天皇の順にお祈りする、五色の布は、紫ではなく黒を用いる)。
一方、現代科学のカオスにも通じるところがあります。人間の生活が天体にまで影響を及ぼすことは、さすがに研究されていませんが、研究の結果、調和をとる必要があると結論づけられ、科学と生活が結びつくことはあり得ます。

ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
古代の予言が比喩でしか表現できない理由
首題の件、単刀直入に申し上げますと、古代にない概念を表現するのに苦労した結果と考えられます。

もっとも、古代の予言に似せた国際的陰謀の計画が流布されています。古代の予言や占いのように抽象的な表現で人を欺き、。代表的なものに、1999年とされていた終末を意味するノストラダムスの詩です。しかし、それに陰謀がついてゆけず、時期は2012年に持ち越しとなったようです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、具体的に的中した予言を紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
平和=自由×愛×愛
最近気になっている、金星から地球に来たというオムネク・オネク師(Omnec Onec)をGoogleで探していたら、こんな式が登場しました。

P=fl2
http://www.humansearth.com/(ウィンドウを新たに開きます)



上のリンク先の一番下に書いてあります。
Pは平和、fは自由、l(=Lの小文字)は愛です。
この式は、平和は、人の自由度に比例し、人の愛情の強さの2乗に比例することを意味します。

なお、同リンク先では近似式もあり、

Freedom + Love = Peace


とも表しています。この式は1次式で、人の自由度と愛情の強さの和で平和になることを意味します。

この式の特徴は、以下の通りです。
  1. すべて示強変数である
    示強変数とは、温度や圧力、電圧など、場の強さを表す尺度を言います。
    対義語は「示量変数」です。長さ、面積、体積、個数、時間など、目と手、時計などで測れる(量れる)尺度です。
    物理学の方程式は、示強変数と示量変数の積で表されます。

    例:理想気体の状態方程式
    PV=nRT
    P:圧力、T:温度→示強変数
    V:体積、n:分子の数→示量変数
    R:気体定数(P,V,n,Tの単位によって決まる)



    平和、自由度、愛情は、人間社会の質を表すため、全て示強変数です。
  2. 基準が不明
    どの状態をもって1とするかの基準が分かりません。よって、この式は数値化できません。


要は、自由な社会のもと、お互いに愛情をたっぷり注ぐ人間関係を築ければ、平和はより確かなものになると主張しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、人間社会での自由を広げ、人間同士の愛情でつながり合い、恒久平和を実現したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
二股膏薬 - 『日月神示』による厳しい指摘
岡本天明画伯の自動筆記の訳本、『ひふみ神示』とも『日月神示』とも言われるその文面の中から、われわれに厳しい言葉を投げかけています。
二股膏薬(ふたまたごうやく)
内股膏薬(うちまたごうやく)とも言い、内股に貼った膏薬(貼り薬)のように、二股のあちらこちらに貼り付いて、定見・節操のないことを表します(『広辞苑』)。
私がかつて手放した本の一冊の中で、唯一覚えている言葉です。正直、背筋が凍りました。

同じような意味は、新約聖書にもあります。
  1. 終わりの日に困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。

  2. そのときに人々は、自分を愛する者、金(*1)を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、

  3. 情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、

  4. 裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神より快楽を愛する者になり、

  5. 見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。

(「第二テモテ」第3章第1節~5節)
(*1)金:英語版ではmoney(銭)。


上のような内容は、実は、竹内文書とも一致するのです。
国際的陰謀に関する著書『古代ユダヤの刻印』(日本文芸社(1997))で聖書にある上の5節を紹介した宇野正美氏は、竹内文書を知らなかったようです。
もし、竹内文書聖書との内容が一致することを宇野氏が知ればどう思ったか、私には想像できません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
では、聖書とも一致する竹内文書の一節を、後半で述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。