竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/22(月)   CATEGORY: 2.1.5 学問
炭素骨格が中心である有機化学
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、有機化学は炭素が中心の化学です。
有機化合物の一つの分子を原子と比べると、以下のように対応します。
  • 炭素骨格 - 原子核

  • 官能基 - 電子

そう、有機化合物も宇宙のひな形なのです。

反応性は電子を念頭に置くと統一的に学べるようになりました(参考文献1)。あるグループの化合物の融点や沸点はこのような傾向にある、ある官能基はこのように反応する、などという各論も、「電子求引性」「電子供与性」といった電子の偏りによって説明できます。

もっとも、炭素骨格にも個性があります。
  • 直鎖か、枝分かれしているか(分枝)、環状か

  • 単結合だけから成るか、2重・3重結合を含むか
    前者は飽和炭化水素、後者は不飽和炭化水素と呼ばれます。

  • (応用)脂肪族か芳香族か
    実は、「亀の甲」と呼ばれる六角形とは限りません。2重結合を含む環状で、その環の上にあるπ電子が(4の倍数+2)個であれば、芳香族です。

この炭素骨格の個性は、原子核に含まれる陽子と中性子の数によって化学的性質が異なることと比べると興味深いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、有機化合物と人間を対比させ、人間の問題点を浮き彫りにします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
DATE: 2008/10/22(水)   CATEGORY: 2.1.5 学問
学問の善悪
メソポタミア文明において、天皇否定のために宗教と学問が誕生したことは、故・竹田日恵氏が指摘しました。一方、故・高坂和導氏は、論理性の必要性を認識していました。私は、この両者の文面の板ばさみになり、悩み続けていました。
しかし、解決の糸口を見出しました。それは、すべての学説や思想を、「善学」と「悪学」に分けてみることです。

「善学」と「悪学」の定義と例は、以下のとおりです。なお、ここで言う「他(者)」は、他人、社会、環境を指します。
「善学」は、自他共に有利に働く学説や思想を指すことにします。善悪一元論(陰陽論は正しくはこれに近い)、新エネルギーの開発は、これに属します。もっとも、短期的には、初期投資のために不利に働くことは否定できません。
また、「悪学」は、提唱者やその賛同者のみに一旦有利に働くが、全体的・長期的には不利に働く学説や思想を指すことにします。善悪二元論(実体は敵・味方分断論)、地球温暖化懐疑論・否定論、マクロ経済学の乗数効果(消費性向という係数が当てにならないため)がその代表です。


この分け方は、従来「実学」と「虚学」に分ける見方をヒントとしました。
この「実学」と「虚学」、また、科学と「疑似科学」とは別次元の見方として、このたび「善学」と「悪学」の見方を提唱することにしました。

地球上の学問は、「善学」「悪学」を問わず、所詮地球人が生み出したものです。そのため、「善学」も大切だが、「悪学」も善に至る反面教師となる、という善悪一元論からの見方ができます。
「善学」に則り人の心を高め、喜びを分かち合うことができますし、「悪学」に逆らって人を欠乏や堕落から助け、怒りや悲しみのくびきから解放することもできるというわけです。

「善学」と「悪学」に分けるこの見方でさえも、結局は秦順途という人間が生み出した理論ですから、欠陥がないことを保障できません。この見方が、「罪(悪学)を憎んで人を憎まず」という発想で利用されることを期待しています。一方で、善悪二元論(敵・味方分断論)に利用されることを心配しています。
それでも、この見方は、人間性を向上させるかどうかの指標となること請け合いです。

学問を生み出すきっかけが、あらゆる人のためになることか、それとも自分やその一味のための「よく」や「みえ」のためか。その差が、「善学」と「悪学」の差です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、「善学」と「悪学」の判断基準をさらに細かく見ていきたいと思います。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
DATE: 2007/05/06(日)   CATEGORY: 2.1.5 学問
0の発明で中心確立に目覚めた「数学」(第3版:2007年5月6日)
宇宙にあるものは、原子も太陽系も、太陽も地球も、そして人も、みな相似形です。
なぜなら、中心があるからです。原子には原子核、太陽系には太陽、太陽と地球には核、そして人には心臓があります。
そして、周りを回るものもあります。原子には電子、太陽系には地球をはじめとする惑星、太陽にはより表層の物質、地球には大気、そして、人では脳や皮膚、その他の臓器があります。

さらに、有史以来、天皇(宇宙の中心としてのすめらみこと)を否定するのを助けてきた学問の中に、中心を獲得したものがあります。本記事ではその一つ、数学を挙げます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
竹内文書の本では、学問は邪道だと書いてあるのに?と思われた方は、後半の数学の実情をお読みいただくことで、未来にあるべき論理を想像できると思います。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。