竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
内閣総理大臣は天皇陛下の代理人なるべし
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

首題の件、憲法上誤って見えますが、天皇の本分としては(そうとは受け入れられなくとも、少なくとも竹内文書的には)誤りではありません。
銀河や太陽系に中心があるように、天皇は地球人における中心となるべき地位です。本来なら、天皇の意向を各国民(日本国民だけではない)に伝える方向が正しいのです。
その点では、憲法第1章の一部の条文も改正する必要があります。
(なお、私はかつて、憲法9条は1項を改正すべきで、2項は改正すべきでないと主張しました。→参考文献1)

6月に辞意を表明するも、辞職は条件付きと言いつつ、野田首相が就任するまでその座に居座った菅前首相。菅氏は、最後まで天皇の代理人たる自覚は見られませんでした。
今般就任した野田首相に天皇の代理人たる自覚が見られるかどうか、観察して行きたいと思います。

一般に、戦後に就任した歴代内閣総理大臣に、天皇の代理人たる自覚が無いのも、無理もありません。憲法第1章では、以下のとおり制定されています(抜粋。参考文献2。機種依存文字の回避のため、丸数字は括弧に書き換えている)。
第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第2条:省略
第3条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負う。
第4条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
    (2) 天皇は、法律に定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
第5条~第6条:省略
第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
    (後略)

いかに、天皇の宇宙の中心たる役割が否定されているか、憲法の条文から見て取れます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
平成22年の一般参賀
あけましておめでとうございます。経済の先行きなど、前年の不安が残る今日このごろ、新年をいかがお過ごしでしょうか。

今年も、一般参賀が行われています。
今年の天皇陛下のお言葉は、ほとんど、いつものお言葉に戻っています。
新年を共に迎えられたことをうれしく思います。(中略)人々の幸せと世界の平安を祈ります。


昨年の年越しは、日本史上稀に見る失業者の増加に喘ぎ、国民が不安を持っていた状況でした。今年は、それが少し和らいだものの、依然として「バランスシート不況」が根強いため、失業率が高く、かつ厳選採用の傾向が見られます。それだけに、一部の国民に活躍の場が依然として得られない、言い換えれば生き甲斐を見いだせないままでいる状況です。
仕事は人数の問題ではなく、生き甲斐とお金のぶつかり合いです。父は「採用は早いもの順」「(新卒の段階から)学歴は役に立たない。何でもいいから仕事しろ」と、時代遅れなことを言っていますが、もはや気にしません。

私としても、失業から脱却したい想いで活躍の場を求めていきますが、それ以上に、皆さんの幸せと健康を強くお祈りいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今年も、本書をよろしくお願いいたします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
平成21年の天皇誕生日
本日、12月23日は天皇誕生日です。一般参賀にお越しになった方が多くいらっしゃることを、うれしく思います。

特に今年は、天皇即位20年、天皇・皇后両陛下ご成婚50年の節目の年です。
今でこそ健康不安があるものの、両陛下の長生きを讃えたいと思います。

また、皇太子妃雅子様の回復も加速している様子で、私が抱いている将来の不安も薄らぎつつあります。
将来皇后におなりになる方なので、今後も見守っていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、私が知らなかった天皇誕生日にまつわる悲しい、そして怒りを覚えた出来事をご紹介いたします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
人間と動物の違い(3) 正義の概念
今回は、人間と動物の違いのうち、精神的な詳細を述べます。

人間に特有の思想として、正義の概念があります。人間が、その知能によって生んだ至高の概念だと誇りに思っています。
その中でも、「恩に着たら恩で報いる」(参考文献1・改)という思想は、人間の正義の最たるものです。

動物は、家畜やペット、補助動物(警察犬や介助犬、馬など)はいざ知らず、その日生きていけるかどうかで精一杯です。家畜やペットの場合も、飼い主である人間への愛着にとどまります。そのせいか、正義(特に上記の報恩の思想)が通用するのは、一部の警察犬や介助動物くらいです。
あとは、人間(特に飼い主)の想像に任されています。

上記の報恩の正義を捨て、「よく」と「みえ」に駆られているようでは、もったいないといえます。その人の行動は動物未満です。知能という生きる力を、自分やその味方にしか使わないようでは、心地よく生きていける範囲は狭いものです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、本記事で主張する人間の正義の存在を、ある漫画に登場する台詞と比較しながら説明します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
竹内文書の精神(追記:2007年5月9日)
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

昭和11(1936)年に竹内文書が偽書のレッテルを貼られてから、71年も経ちます。その偽書説が長らく流行するきっかけとなった論文『天津教古文書の批判』を書いたのは、京都大学学長の狩野亨吉(かのう こうきち)博士でした。

その狩野氏が、その説を撤回していました。そのとき、狩野氏いわく、

「とうてい信じられんことを信じているには何かひきつけられるものがあるのですね。不思議なものが」
『正しい霊とよこしまな霊』正氣久嗣著、徳間書店(2005)



竹内文書の何か不思議なものとは、以下の内容です。
・宇宙誕生
・地球人誕生(実際は地球への移住であることを後述します。)
・太古における高度な文明
・上記の太古文明が崩壊するきっかけ
つづきを表示
page top
2007年、今年も無事に一般参賀が行われました(第2版:2007年5月2日)
明けましておめでとうございます。
2007年になり、今年も、皇居で一般参賀が行われました。天皇陛下のお言葉は世界の人々への博愛がこめられているため、いつ聞いてもありがたく思います。以下に、一般参賀でおっしゃったお言葉を引用します。
新しい年をともに迎えられたことを、うれしく思います。年頭に当たり、国民の幸せと世界の平安を祈ります。

このお言葉を素直に受け止め、私たちも陛下の恩恵に報いるよう、努力していきたいです。
今後も、当ブログをよろしくお願い致します。

下のサイトでは、竹内文書に描かれている天皇の本来のお姿を、生きているうちに御覧になりたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。