竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
十二支の真相
携帯電話でご覧の方へお知らせ

[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

今年(平成22年)はとら年です。「とら」と言うと、動物の虎を思い起こす方が多いと思います。しかし、十二支を動物で表す表現は十二生肖(じゅうにせいしょう)です。古代中国で十二支に動物が当てられたものです(参考文献1)。

十二支は、上古3代・天日豊本黄人皇主天皇(あめひとよもとひのひみいぬしすめらみこと)の12人の皇子の名が語源です。以下、皇子の名のうち、十二支の語源に下線を引きました。
  1. 天津ヒト命→ネ(根)

  2. フクラム命→ウシ(生気)

  3. トラヒコ命→トラ(扉)

  4. ウマレヒコ命→ウ(産)

  5. タツル命→タツ(立つ)

  6. ミノリ命→ミ(実)

  7. ウマミ命→ウマ(甘)

  8. イロドリ命→ヒツチ(彩)

  9. サルトリ命→サル(去る)

  10. 天トリ主命→トリ(採り)

  11. 天イヌル命→イヌ(入ぬ)

  12. 天ヰル主命→エ(納)

ただし、天イロドリ命と「ヒツチ」は、大分異なります。

これが古代中国で十二生肖となって日本に逆輸入され、皆さんおなじみの動物が登場します。現代中国でも、十二支を俗に十二生肖で呼びます。ただし、十二支と十二生肖では字が異なります。以下、左に十二支(括弧内にその読み方)、右に動物(括弧内に中国で用いられる漢字。ただし、*は日本の字体に書き換えている)を示します。
  1. 子(ね)~ネズミ(鼠)

  2. 丑(うし)~ウシ(牛)

  3. 寅(とら)~トラ(虎)

  4. 卯(う)~ウサギ(兔)

  5. 辰(たつ)~竜(竜)*

  6. 巳(み)~ミズチ=ヘビ(蛇)

  7. 午(うま)~ウマ(馬)

  8. 未(ひつじ)~ヒツジ(羊)

  9. 申(さる)~サル(猴)

  10. 酉(とり)~ニワトリ(鶏)*

  11. 戌(いぬ)~イヌ(狗)

  12. 亥(い)~イノシシ(猪=中国ではブタの意)

そのうち、「たつ」が表す竜だけが実在しない動物です。

このように見ると、古代中国語が古代日本語と通じていたことが伺えます。十二支を十二生肖に書き換えるとき、古代日本語で同じ読み方の動物に当てるのですから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、十二支の本来の意味を考察します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
4次元考察

矢野祐太郎氏の『神霊正典』によると、3次元から6次元は下表のようにまとめることができます(参考文献1)。

特徴6次元5次元4次元3次元
別名仮凝身(カコリミ)耀身(カガリミ)駛身(カケリミ)限身(カギリミ)
(御)魂天地根本大祖神のご意志天地根本大祖神のご意志の継承創造神あるいは統一神の御魂の分派
(御)体なしなし4次元界の物質から成り、主として龍体3次元の物質から成る肉体
(御)形なしなし常態は龍体なるも、意志のままに千変万化する構成に制限がある為め忽ち変じて巨大となり、忽ち化して微小となるが如き事なき(後略)
代表神天一天柱主大神天照皇大御神(始め天照日大神)国萬造主大神(国常立大神)人類
ここで、4次元の記述で、「意志のままに千変万化する」との記述が気になりました。
さては、4次元になると電子を意のままに操れるのではないか?そう考えるようになりました。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。 後半では、電子の量子力学による解釈を述べます。
つづきを表示
page top
人は決まりがあってこそ自由である
本日、某教育番組で、「多様とバラバラは違う」ことが説明されていました。
そのとき、私が思いついたことは、2点あります。
  1. 「多様」は「いろいろ」と言い換えできる

  2. 「いろいろ」であっても良いから、天皇を中心にする社会が理想だ


特に後者は、当ブログの主眼です。
竹内文書に描かれる天皇中心の社会は、本当は自由です。各人は自分のできることを自分の権限の中で行うことができたのです。

私が竹内文書から読み取った太古の決まりは、以下のとおりです。
  1. 天皇は宇宙の中心と認めること

  2. 皇后は宇宙の保護者と認めること

  3. 身分の低い人でも、目上の人に仕えることで天皇に使えることと同じとみなすこと

  4. 植物食を行うこと(動物食禁止)

  5. その上で、他者に強制せず、互いに自由であること

つまり、決まりがあってこそ自由なのです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、「天皇中心」と多様の両立を少し掘り下げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
page top
人間と動物の違い(1) 感謝の表現と報恩
人間と動物の根本的な違いを、私ははっきりと答えることができます。

人間は感謝し、それを表現することができる。
動物は、種によっては他社に甘えることはできなくもないが、感謝を表現できない。


それに気付くきっかけは、猫の観察でした。
そして、正氣久嗣氏の著書『正しい霊とよこしまな霊』(徳間書店(2005))に、

人間は本能的に「恩になったら恩に報いる」という人類始祖の定めた鉄則に従うものである


とあるのを見て、私の人と猫を見る目がすべての動物に応用できるようになりました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
人間が動物のまねをすべきではありませn。そのことを、後半で述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
つづきを表示
page top
現代の思想を大幅に超える竹内文書
インターネットで竹内文書を取り上げることによって、別に、特定の掲示板に関わっていなくても、狙われやすくなるものです。
竹内文書に書かれていることを理想とすれば、現在の生活の根本を失うことになりかねないからです。こうした保身から、本書が狙われやすいのは、確かです。

しかし、今の生活様式より大切な、今のうちに取り組むべきことがあります。
人生は、精神の向上を目指すべきです。そのための障害となる、以下の5つを乗り越えることが、今の課題です。
  1. 唯物論(物質主義)

  2. 拝金主義

  3. ジャーナリズム

  4. 薬物(麻薬)

  5. 騒音

竹内文書は、そのためのヒントとなります。
まずは、竹内文書の精神を読み取り、自然にも人にも優しい生活を送ることができれば、私としてもこれ以上の幸いはありません。
真実性を信じるのは、その後でも構わないと、私は考えています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、上記の障害を何とかして取り除き、精神的に進歩したい方集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。