竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
三人で一人のイエス・キリスト
イエス・キリスト。この名前が、二人分の名前であることはご存知でしょうか。
知らなくても無理はありません。特に現代の日本人は、西洋人の名前が名、姓の順に並んでいることに慣れているからです。

青森県三戸(さんのへ)郡新郷村(しんごうむら)戸来(へらい)に、「キリストの墓」という古墳があります。そこには、イエスが葬られています。
「キリストの墓」は、今や名勝として地図にも載っています。八戸駅から観光タクシーも出ています。

(*ここで登場した三戸や八戸という地名については、別に述べます。)

さらに、「キリストの墓」の隣に、「十来墓」という古墳もあります。これは、イエスの弟・オウリキの遺髪が収められています。イエスに弟がいたことは知られていないようですが、竹内文書に記録が残っています。
その情報は、ミシェル・デマルケ氏も宇宙人から持ち帰っています(『超巨大[宇宙文明]の真相』ケイ・ミズモリ訳、徳間書店(1997))。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、竹内文書と聖書に描かれている、キリスト、イエス兄弟の三者の軌跡を紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。